日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

早起きは三文の徳

久しぶりに、世の中の休日にお休みをいただく。
何かもったいない気がして、やっぱりいつもと同じ時間に起きたんだけど会社に行かなくてもいいと思うと気安いのか、テレビの前から動かずにいたらまぁ、見ていてよかったなと思うものに出くわした。
小澤征爾さんじゃん!!おおお、マエストロ!!!
70歳になられたマエストロ小澤は今長野で後進の育成に当たっているという。ありゃ、近い場所にいらっしゃるんじゃん。
なんかね、この年になってというのもおかしいかもしれないけど、家庭と言うものを話していたときに(ご自分の家庭は)『良いものにしていきたい』と仰った。現在進行形、ああそうなんだ、そうだよね、終わってないんだよね。そう思った。
『死ぬ前に若い人たちとわかりあいたい』もそう。立ち位置が上でも下でもないんだ。
何かすごいなぁと、単純に嬉しくなる。(イヤー、単純な人なんで)

旦那がオーディオ好きで、今はウエスギ研究所の真空管で音を聴いているけれど、きれいだなと思う音はクラシックの中のものが多い。カルロス・クライバーのウィーン・フィルニューイヤーコンサートなんて、今そこでやってくれてる!ってな感じで聴こえるときがあって、ゾクゾクするときがある。映像で見たときの、『ニカッ』と笑った顔が浮かんでくるんだよね。色っぽい人だったよなぁ、音もそうだけれど、指揮者ってホント見事に自分の色を作り出すよなぁと、持っている2枚のニューイヤーコンサートのCD(マエストロ小澤と巨匠クライバー)を聞き比べると、その違いがありありとわかって驚くんですよ。

三文の徳はまだあって、続いてみた「とくダネ!」ではオープニングトークで昨日のF1の話をしていた。
今のF1はコンピューターの世界の最前線をいってるとは知ってたけど、すごい世界なんだなぁ・・・・・(すごいしか出てこないボキャブラリーの乏しい私)
日本でこういったモータースポーツが発展しないのは、なんだかもったいないみたいな事を言ってたんだけれど、それってば仕方ないって言うか日本ってそういうことを『文化』として認めていないところがあるんじゃないかと感じている。この『文化』を育てると言う事に関しては、下手くそどころかまったく考えていないんじゃないかと思いさえする。例えそれが芸術の世界であったとしても、私財を投じてと言う人がいればそれはまた別だけれど、そこまでねぇ・・・・・先のマエストロ小澤みたいな方が何人もいたとしても、ヨーロッパ諸国にあるような国を挙げての文化事業なんてことには日本はならないと思う。

何でだろう?

意識の問題か。一般家庭のレベルで文化を論じる状況にないという時点で、『育たない』と決め付けているのか。
いや、状況にないと思う時点でか。

朝っぱらからこういうことを考える事が出来ただけでも、やっぱり三文のトクだな。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。