日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

モノを売るってコト

仕事関係の会社社長さんから毎週送られてくるFAX通信に『モテル女性と愛される女性』というコラムが載ってまして。
銀座のクラブのママさんである「ますい志保さん」の本を読まれて書いてるんですが、そういえばこの方はTVで見たことあるなと思って読んでたんですよ。・・・うーん、いつもながらこのオジサマのお話は、奥が深い(笑)

その本からも一節とってあるそうですが、『モテル女性』はいつも綺麗でいることを意識している。美意識が高いので当然ながらパートナーにもそれを求める。一時はいい。ほんの一時、一緒に連れて歩くんなら誰だって綺麗な方がいいし誰だって見栄えがいいほうが自慢になる。でもさ、あんまり『綺麗』ということにこだわってると鼻についてくるのよね。だから飽きられる。じゃ、『愛される女性』は?実はコラムのその先がなかったんだけれど(笑)、思うに『隣にいて可愛いと思う女性』なんだと思うのね。可愛い、なんだから頼りがいがあっても信用があっても頭が良くても金持ってても(ワハハ)まだ足りないのよ。
そこにいると安心するとか、何か困ってるんじゃ、と思うと思わず手を貸したくなるとか、話をにっこり笑って聞いててくれるそのしぐさがいいとかさ、(具体的になってきたな)『護りたい』と思う女性が男の人から観ての『愛したい女性』なんだって。
そっかー・・・気が強くってトロくさいのが嫌いでなんでも先にたってやってしまう私は駄目だなこりゃ(ワハハハ)

可愛いかどうかはわからないけれど、好かれる販売員っていうのも通じるものがあるかなと。
特に私がやっているような専門的な商品(メガネ屋さんです)では、『知識』と言うものが先にたってどうしても『説明』が長くなります。知りたがりの人ばっかりだったら話が長くなるのもいい。でも大概の人が『間違った判断はしたくないけれど面倒は嫌い』なんですよね。
私だってそうだもん、いい商品だとわかれば長い説明は聞かなくてもいいもん。となれば、簡潔にわかりやすくいい悪いがすぐに判断付くような説明が出来なければならない。
難しいんだよこれが。
メガネはものの見え方をまず測らなくちゃいけないんで、その中で説明していくことが出来る。だからその中で納得してもらえれば信用も50%以上はもらえたことになる。でもな、信用と信頼はちがうんだよなぁ・・・・・。自分がわかったと判断しても、この人に任せよう、となるまでにはもう1ステップ必要。結構ね、物を売るって大変なのよ。

そうやって考えると絶対許せないのが今問題になっている『耐震偽造』問題。腹立つね、アレは。買い手側が『面倒』と思う以前に『正しい判断』が出来るための資料が『改ざんされていた』のだから、物を売るという立場をどう考えているんだよ!と怒りたくなるよね。だってさ、売ってる側は『わかってたんだよ』。どの段階でわかってたのかっていうところが責任の擦り付け合いをしてる争点なんだろうけれど、買った側はそんなこと『どうだっていいのよね』。自分が住んでる場所の『補償』をして欲しいんだもん、いうなれば問題になってる業者全部が売り手なんだから全部が『責任者』なんだよね。販売をする仕事をしている者として、『絶対許せない』のよ!なんで売ったんだよ・・・・って、それしか言えない自分が情けないけど。

人からお金を出してもらって、それと引き換えにその人の欲しいものを渡す。単純なようだけれど、そこに安心と満足がないと『販売した』とはいえないんだと、思うんですよ。

この記事に点数をつける


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。