日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ピアノ

ジャズの、特にピアノが大好きで本日は旦那に肩を揉んでもらいながら(ワハハ)ウォルター・ビショップJrとチック・コリアと、デューク・ジョーダンを聴いた。いいね、マジで(喜)
こう聞いて、『全然違うメンツじゃねーか!』と思った人は相当聴いてらっしゃるよねぇ。

ウォルター・ビショップJrはなんていうか、すぐそこにいてくれるような感じでまったく『邪魔にならない』音を聴かせてくれる。親しみやすいといってしまえばそうなんだけれど、粗野になり過ぎない温かさ、そんなものを感じる。ペイパームーン、最高(ウフ)

チック・コリアはエキゾチックだ。駆け上がっていく音の煌めきは華やかといってしまって終わるものではない。音の掛け合いとその組み合わせは、心地よさをかきたてる。そう、高揚する。
うーん、キース・ジャレットとどっちがいいかなぁと思いながら、実は聴いてたんだけど(笑)

デューク・ジョーダンは、彼のピアノというよりはパーカッションで参加している富樫雅彦を聴きたかったから(ワハハ)かけてもらったんだけれど、このね、「実に日本的」(笑)なアプローチは癖になる。モチーフの繰り返し方がしつこくなくて、安心できるタイミングで出てくるので「ああ、これですよ~」と納得する。
いいものはいいね。

ジャズは大好き!気持ちいいもん。


で、次に聴いたのがグレン・グールド(・・・おい)の平均律。
どうしても、ピアノを聴いたら最後にこれが聞きたくなるぅ。何ででしょうね(笑)まぁ出来る事なら、ミケランジェリの平均律を聴いてみたいもんだが、因業ジジィなミケランジェリ(ワハハ)は「バッハは趣味」と言ってレコードしてくれないんだよね。・・・想像するに、絶対いいと思うんですけどね。

久々に良い音聴いたなぁ~(嬉)
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

>hisariさん、こんにちは。
The Song Of Singing (Chick Corea)
http://music-review.info/article/10063468.html
へのコメントありがとうございました。

このブログはいろいろな音を広く浅く紹介して、聴いた事のない音楽と出会えるきっかけになればと思って運営しています。もし趣味が合うようでしたら是非他のジャンルにも試してください。全く聴かなかったジャンルが与えてくれる影響はとても劇的なものだと思いますよ。
  • posted by ponty 
  • URL 
  • 2005.12/08 15:44分 
  • [Edit]

 

コメントありがとうございます!
そうですね、聴いたことのないジャンルはまだまだ多いので、楽しませていただきます。
  • posted by hisari 
  • URL 
  • 2005.12/09 12:06分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Song Of Singing (Chick Corea)

Jazz-Piano : ★★★★★ The Song of Singing 現象からみた実体の理解、彼独自の解釈がここに提示された。 チック・コリアがブルーノートに残した1970年の録音。 チック・コリアがマイルス・デイビスバンド在籍中の1970年4月本作は録音された。やがて7月にマイ

チック・コリア (Chick Corea)

チック・コリア (Chick Corea) ジャズピアニスト 作詞作曲家 チック・コリア(1941~)は米マサチューセッツ州チェルシー生まれ。 ジャズトランペット奏者の父親の影響を受けて6才時にピアノを 習い始め、ドラムやマリンバにも親しんだ。1960年初頭になり プロデビューを

ジャズは難しい!?=~偏見をぶっこわせ!ピアノ編~

  さて、前回に続きまして、 今回はピアノの菅沼君に ジャジーなセッションへの考え方について ピアニストの視点からの意見を 聞いてみたいと思います!!  ジャズピアノでセッションやアドリブを バリバリ楽しみたい!! という方は必....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。