日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

あんまり続くとどうしたもんかと思ってしまう

大好きな作家さんのお話です。
横山秀夫さんが大好きで、それが講じて警察モノがかなり好きなんですが(笑)だからって言って全部の作品を読んでいるわけじゃないわけで、『半落ち』はあの話題になった映画ですら観ていなくて、DVDは買う気ないしハードカバーは手にも取らなかったんですよ。なんつーか、まだ早いと思っていたところがあったりしたのね。
この作家さんの作品で一番すきなのは『臨場』、次が『フェイス』。
まぁ、二渡さんも好きなんだけどどうにもあの役を渡瀬恒彦さんがやってしまいそうな気がしてそっちの本は読んでも「そうかそうか」で終わってしまう。うーん、想像力がありすぎと言うのも、こういうところで不都合だなぁと自分自身で自分に納得の行かない無理やりな納得をさせたりするんですが(ワハハ)
で、今読んでるのが『震度0』と『半落ち』。
私の読書って言うのは同じようにされてる方がいたらわかってもらえると思うんだけど、最期まで読んでしまうのがすごくもったいなくて尚且つ大変で、途中で浮気したくなるのね(笑)なんだけれど全然違う本は読みたくない。これがSFあたりだったらとなりに置いておくのは椎名誠さんのだぼだぼ系だったりするんだけど、ここ何年かは警察モノなもんで隣においてあるのも警察モノだったりミステリーだったりする。
そうして読んでいて、先日は『震度0』がとんでもなく自分の書いたものにそっくりで、いやー、これってばまだ読んでないのに・・・・・と愕然としたばかりだってえのにですよ、本日は『半落ち』で昨日書いた某所の日記とおんなじことが書いてあるよ。

いやいやこれは絶対に「偶然」であって「必然」ではない。
しかもずーーーーーっとこの横山先生の本を読んでいるために、おこがましいが自分が横山先生の思考に沿ってものを考えているだけだと思う。
うーーーーーーーーーん、どうなんだろう?

しかしさ、この『半落ち』面白いね。
下手なクロスワードパズルよか言葉と感情の交差が鋭くって、すごいね。ワクワクする。
『震度0』の方は冬木さんがもうちょっとで椎野さんのことをやりこめる場面に行くし、こっちはまだ文庫で60ページめだから追い上げるのはまだまだ先。しかも本番の場面は裁判所だもん、基礎知識がもっと要る。
しばらく退屈しないなぁ~(喜)
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2006.02/09 17:13分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。