日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

満足と信憑性

現在パールフェアと言うのをお店でやっていて、ちらほらとですがお客様がやってきてお買い上げしてくださってるんですが、中で接客しているといろいろと考えさせられることがある。
宝飾品って言うのは、まぁ言わば美術品と同じで自分がどれほど気に入ったかでその金額が高いと感じるか安いと感じるか、分かれる商品だと思うんですが、「わからない」と仰る方に一つの目安となるのが鑑別書なんですよね。
パールで言えばその全体の照りと形と色、キズがあるかないか、この4つについて専門の機関でランク付けをするんですが、全てが一番いいところ、もしくは中の一つか二つが2番目で後は全部一番いいランクで尚且つ鑑別士がそうだと「折り紙」をつけたものに対して『花珠』という呼び方をするんですね。
当然ながら、高い。はっきり言って、25万円程度だと同じ価格帯で花珠とランクされなかったものの中で探してみてすばらしくいいものがある可能性だってあるくらい、パールの世界は奥が深い。並べてみるとその差は歴然なんだけれど、さすが8~8.5ミリで60万円クラスだとすごいなぁと思う花珠があるが、7~7.5ミリで25万円クラスだと私は同じ価格帯で7.5~8ミリの見た目が綺麗なのを捜したほうがいいと思うんだけれど、そうじゃないという方はたくさんいる。
そこで物を言わせるのがきっと鑑別書の持つ「信憑性」なんだろう。
どのパールだって全て本物のパールなんだし、フェアをやる際にはかなり吟味したからこれはいいなと思うものがずらりと並んでいる。価格帯は一番下のはなんと23,000円からだけれど(私、世の中ではじめてみたよ、23,000円の7ミリで41センチのノーマルなパール)10万円のも20万円のも、それなりにいいものなんですがそこで『花珠』と言うとまた見方が違うんですね。
花珠じゃないパールはたいしたパールじゃないんでしょ?なんていう申し訳ないが「わかってない」お客様もいて、まぁ困ったもんだなとも思ってるんですが(笑)
この呼び方はつい最近だと思うんですよ。なんていうかなぁ・・・よりクオリティの高いもの、という意味の差別化した呼び方が付いたと言ったらいいのか、そりゃ『花珠』とつけば単純にいいものにしかつかないから、安心かもしれないけれどそれじゃなくちゃ駄目って言うのはなんていうか、あー、違うと思うんだけどなぁ・・・・・。
どうせならいいものが欲しい、という感覚はわかる。でも、どこに満足したかだと思うのね。『花珠』を買ったということ、それを持ってるということに満足を感じるんなら、それを持つのがいいだろうし、とにかく自分が気に入ったものが欲しいから色々見たいというのなら、ドンドン見てくださいって思う。
でもそこにあるのは、まずウチの店で出してるのは間違いなく、自信を持って出している商品であってそこを信用してもらわないといけないんだから、まずそこからって事よね。

あ、ちなみに私の持ってるパールは8~8.5ミリのナチュラルピンクパール、15年前にかったからその頃はまだ『花珠』なんてランクはなかったのよ。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。