日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

夫の彼女

私の夫じゃないんで、残念ですが(笑)
藤堂志津子さんの『夫の彼女』を先日一気読みしました。
まぁ、娘が高校のオリエンテーションで3時間ほど待ってなくちゃならなくって、その間に本屋さんで衝動買いしてミスドで読んでたんですが。
面白いね、ホント一気読みしましたよ。

全体の調子がかなり軽い、書き方と言うか、流れと言うか、いや、テンポだな。テンポが軽いし、実際に考えるとこれってばすごく痛い話なんだけれど主人公の「奥さん」の発想がすごく良くわかるし、その「夫」の考え方もよく解る。この「解る」と言う点が、この小説の中では一番重要なんだと思う。
自分もそうやって考えたことがある、と言う下地があるから「解る」のであって、自分はそんなこと考えたこともない、と言う人には面白くないお話だと思うのよ。
あらすじは、結婚5年目だったかな?子供もいない30代半ばの結構いいカンジのご夫婦で、「夫」のほうは見目麗しく女にモテルいい男で、「奥さん」のほうは大したことなくてでも「気持ちが美人」らしい所謂「結婚するならこういう人だけど隣に侍らせるのはどうよ」的な人(笑)で、その「夫」がある日突然自分は「美しい男の子」が好きだから自由にしてくれって言うのね。
面白いなぁと思って。
これがね、嘘やでまかせじゃないのよ。
自由にしてくれと旦那さんに言われたことのある人なら、その状況って想像がつくと思うけれど、その理由が「美しい男の子が好きだから」ってのはないよねぇ<実はここで爆笑した
そんなこんなで離婚はしなくて、でも一緒には暮らさなくなって、で、知り合った年上の女の人と水商売を始めちゃったりするんだけど・・・さて、「彼女」は出てくるかって言うとちゃんと出てくるんだなぁ。

最後までホントノンストップだった!
なんか読んだ後勿体無いなって思ったくらいもっと続いて欲しかったなぁ。
本って、そう思わせるのが勝ちなんだよね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。