日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

なぜスターウォーズは飽きないか

スターウォーズの第一作、「エピソードⅣ 特別編」(のちに新たなる希望と改題)が公開されたのは1977年、なんとそろそろ30年前という『昔』にあの超大作は始まったわけだが、その記念すべき第一作を今ビデオで見返しても、まったく古めかしい気がしない。
そりゃ、俳優さんたちは若すぎて(笑)いくら特殊効果を駆使したといっても現代の技術に照らし合わせるといささかぎこちない気がしなくはない。
でも、全然古くないですよね。
ストーリーなんかは古いどころか、あれよりも『ぶっ飛んだ』SFってないですよね!(銀河ヒッチハイクガイドはそりゃ面白かったけれど)
なんでだろうって考えましてね、この原因というか理由ってどこにあるんだろう、そう思いながら4→5→6→1→2と見て(残念ながら3はまだDVD持ってない・・・出てましたっけ?)解ったことがある。
スターウォーズは全編が微妙に『未完成』なんだ。
1つ1つのお話のエピソードの完結はしているのだけれど、それは次へのステップだったりしていてそこの部分が解決しないまま、観客はまた何年も放っておかれるんだなぁ。

97年には、20年の歳月を経て革新的に向上したSFXにより4、5、6話がむっちゃかっこよく再生されて、6話でアナキンが現れるシーンなんかはそれで作られたわけだけれど、この時の技術を発展させて1話の「ファントムメナス」が作られたので、そうかやっぱり技術向上が問題点だったわけね、とこのときは思ったわけですが。
でも最後の「シスの復讐」を私たちが目にすることが出来るまでに、8年かかってるんだよね。
よく飽きないと思いませんか?ずっとファンやってる私が言うのもなんですが(笑)
その「放っておかれる間」には、ファンはいろんなことを想像するわけですよ。しかもスターウォーズの製作にはいった!なんていうニュースも映画公開の何年も前から聞かされるわけで、なんていうかさ、「放置プレイ」(ワハハ)モドキの状態でジリジリと待たされるこの間の「想像力」ったら凄いものがあるでしょ?
やっぱり、「未完成」というのが一つのキーワードなんですよ。

何でいきなりそう考えたかって言うと、とある映画のDVDを観てあまりにも「映像完成度」が高かったので、これじゃ観客が入る余地がないじゃん、と思った所為と、とあるフラッシュで「30秒でわかるスターウォーズ」というのを見たから。
これが実際「ちゃんと伝わる」んですよ!!!
参ったね、ここまでスターウォーズというのは想像力をかき立てるものがあるんだ、とわかって愕然としたのね、私。
2007年からは全6作の3D版が毎年1作ずつ公開されるという。
マジ?たまったもんじゃないねー(笑)
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。