日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

雑魚川に行ってきました

奥志賀高原に流れている『雑魚川』に行ってきました。
目的はフライフィッシングでそこに生息する『ニッコウイワナ』ちゃんを釣ること。
そのニッコウイワナちゃんがどんなもんなのかはウチ旦那のブログでUPしてるんで、そっちで見たい人は観てくださいませ(笑)

masa’s Diary

前日まで大雨をいう条件で、果たしてどんなもんなんだろうと心配していた23日、朝からの快晴は「サァ行ってこい!」と言われているようで、家を出るときから「こいつはいいな」と思っていた。
奥志賀高原に流れる「雑魚川」は自然をそのまま保護している場所で、当然ながらそこに生息するイワナも天然、放流すると言うことをしないかわりにそこで生きている個体を大事に育てている。サイズの小さい物は絶対に持ち帰らない、枝川にはむやみにはいらない。そこに生きている稚魚を守る為だ。
そんなところがあるのか、と半分期待して半分はいつもの川と同じだろう、と言う思いを胸に教えてもらいながら行ったのは昨年の6月。初めて行ったときは雪解け水が多くて、足元を掬われるのに耐えながらやっと1匹釣った。
それから毎月、禁猟になる10月まで月に一度は通っている。
雑魚川は本当に不思議な場所だ。単純に自然が残っている、と言ってしまってすむ場所ではない。その場所自体が「自然がそうであるように守っている」と言ったほうがいいのかと思う。人間はそれを時に手伝い、時に敬い、そうしてその恩恵にあずかっている、と言うくらいの心持でいかないと受け入れてもらえない。そう感じる場所だ。
ニッコウイワナは他の場所で生きるイワナとは、その腹の色合いが異なっている。身体の斑点の出方はヤマトイワナに近いが全体の色はやや薄め、そうして腹が目にも鮮やかな黄色なのである。
ヤマメと違って普段の動きはややゆったり目、しかしここのイワナは実にアクティブで、ドライフライのカディスを投げ入れた時に一体何が来たんだ、と見に来る俊敏さはピカイチだ。
「やる気満々」
と言うのは釣りをしている旦那の言葉だが、まさにその通りでこっちが弱気でいると目の前を悠々と泳いで行ったりする。
なんというか、遊んでもらうのには一番の相手、そんな感じがする。

日長釣りをしている人の隣で、私は好きな本を読むことにしている。
川の真ん中で、ほんのちょっと頭を出している石に腰掛けて川の香りと隣で叫ぶ人の声さえ聞こえない水の音と、はるかに高い空の下で現実離れした本を読む。
たまらないねぇ。
この時間が欲しくてまた来月もくることになるんだろう。今日はうって変わって散々な雨降りの日、昨日のあの天気は、まさに用意されたものだったと思っている。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。