日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

今年最後の雑魚川

今年最後の雑魚川に、3日に行ってきました。
この先、奥志賀高原は禁漁期間に入るのでまぁ行けてもせいぜい9月の半ばまでといったところなんでしょうが、私と旦那は3日以降9月は一緒の休みってのがないので、ちょっと早いけれど『雑魚川納め』です。
初夏からずっと渇水だったのがここに来て最たるものになったのか、今まで見たことのないくらいの水の少なさでそれにまず驚いたんだけれど、だって、それまでいくら渇水といってもふくらはぎまであった水嵩がくるぶしで終わってしまうのだからそれがどれほどのものか想像がつくってもんでしょう。
何番ラインを使ってどんな感じだったのかは。例によって旦那のブログのほうが詳しいんでそちらへどうぞ。

masa’s Diary

とにかく私はねむくってですね、川の中州で1日寝てました(笑)
ついたのが昼過ぎ、ライズが始まるのがたいがい午後3時以降なのでそれまでは様子見というところなんだけれどこの日は様子も何も、こんなに水が少ないんじゃ出てこないよな、と傍目にもわかる感じで、テレストリアルがどうのとかって言ってた旦那もどう攻めていったらいいのか考えあぐねているようだった。
いつもアクティブなヤツがいるところをまず攻めて行って、下のほうに降りていったんだけれど全然あたりはこなくて、「やっぱりこんな渇水じゃあなぁ」と言いながらまたいつものところに戻ってきた時にそいつはやってきたらしい。
結構な大きさのニッコウイワナがすいっとやってきて、見て口をあけて咥えたと思ったら合わせる前にまたすっと逃げたと言う。
すごい浅瀬だから、そんなことして出てくると腹がつっかえるくらいの状態なんですが、やっぱりアクティブはヤツは出てくるんだなぁ。

もう日が暮れかかってきて、毛鉤の穴が見えないって言う時までいたんだけれど手ごたえといえばその一回だけだった。
やっぱりここは、簡単な場所じゃないよ。
最後の日に、そう教えてくれたような気がする。

帰り道で小指の長さほどの小イワナが脇川を泳いでいるのを見つけた。
来年はこの子達が遊んでくれるのかな、と思いつつ今年の雑魚川を後にした。

いつまでも変わらないでいてくれる、そういう場所は一つ持っていたい。ここに行って帰ってくるとしみじみとそう思う場所です。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。