日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

本日は意見日記

日浦君の途中ですが、本日は北朝鮮核問題について、あまりまじめではないかもしれませんが意見を述べさせていただきます。
ていうか、近況報告っぽいです。ミラーでやってるブログからのコピペですけど(笑)

私が住んでいるのは日本海側の、しかも原子力発電所のある2年前に起こった中越地震のときにそこだけ震度の報道が遅かったから、「いったいなにがあったんだ!」とひそかに心配されていたところです。
さらに拉致被害に遭ったご夫婦が現在お住まいになっている土地でもあります。
そうやって考えると、凄く近いんですよ、北朝鮮とは。
昨日からテレビ報道ではさかんに「核実験」の話と、今後の可能性について議論がなされていますが、さて私の地元はと言うといつもとなんら変わりがない、普通の状況で昨日今日と過ぎてきてます。
怖いとか、そんなことはこうしている今はまったく頭にありませんね。
怖いだなんていってたら、あの地震の時は原子力発電所がどうなっているのか、そっちの方が怖かったと思うんですが、意外にそんなことは気にもしなかったですしね。
2日経ってから、会社の取引先の人から「テレビで原発のことをひとつも言わない」といわれてから初めてああそうだ、と思ったくらいで。
今回の北朝鮮の核問題に関しても、同じような感覚でいると思います。
ここに住んでいて、一番近い場所だから怖いでしょ?ときかれてもどうすることも出来ないしね<いや、やはり取引先の人から「怖いですよね」と心配されたものだから(笑)
今日にも2回目の核実験を行うだとか、国連において対北朝鮮制裁決議を採択するだとか、それに対して中国は承認し米国は北朝鮮侵攻はしないと明言しただとか、言われてもなんだか離れた世界の出来事のようでね。
意識しないではなくて、あんまりにも近すぎる脅威のために何をどうしたって意味ないじゃん、と思ってるのかもしれない、私だけがかも知れませんが。
何を考えているのか、自分のやっていることがいいことなのか悪いことなのか、その判断すらつかないと『判断』しているのはこちら側の意見なのだけど、しかし核実験が成功したんだから祝福しろっていうのは暴言だと思うんだよね。
『何のためにそれをしたのか』米国の脅威だなんていっているけれど、比較するものが違うだろ、とそろそろ誰か本気で言ってやってください。

以上、『日々是徒然日記』の本日の書き込みより。



日浦君は次は『梶原理紗子のユウウツ 2』と『3』が続きます。
ひとつで終わらせようとしたら、理紗子さんが自分のことを語りだしたので終わんなくなっちゃった。
もうしばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

難しいですね 

誰の説かは忘れてしまいましたが、自分が死んだ後の世界がどうなるかという話で、自分も世界も別の存在なので自分が死んだとて、世界は、多少の影響はうけるかもしれないにせよ、存在し続けるはずなんですが、世界の存在を認めているのは自分なので、認める自分が死んだ時世界もまた同時に消滅するという考え方がありましたよね。誰の説でしたっけ。名前だされても記憶していないかもしれませんが。
つまり、興味がなければたとえ現実にある物事や問題であっても、ないも同然なのかな、と思いました。無関心でいられる方が、面と向かって「嫌い」といわれるより堪えると友人がいっていました。納得しかねますが、一理あるのかもしれません。

一九は生まれも育ちも裏日本です。でも、朝鮮等の問題について自分の意見を持っているとは言い難いです。誰かの意見でしかないと思います。または意見すらないか。
今考えるべきなのかもしれませんね。

宣伝いきます。時間稼ぎに小説載せました。半年以上前につくったものです。シリーズ化しようか決めあぐねているのでご意見下さると助かります。
でわ。
  • posted by 一九 
  • URL 
  • 2006.10/12 05:34分 

 

こんにちは

その説は読んだことがあります、誰だっけ?おおよそ大乗仏教と小乗仏教の流れをくんでいるんだと察することが出来ますが、どうなんでしょうね。

興味も関心もある問題だとは思います、北朝鮮に関してはね。ただ「だから私は(私たちではなくて)何が出来るのか」を考えたら何も出来ることは無いじゃないか、と言う意識です、少なくとも私が持っているのは。

そこが、北朝鮮の国ではなくて『指導者』は違うのだろうと思いますよ。
>無関心でいられる方が、面と向かって「嫌い」といわれるより堪える
これを北朝鮮の『指導者』に照らし合わせると、わかると思います。あそこのあの方は、自分が無関心や嫌悪の対象にはなりえるはずがないと思ってると推察します。なんたって自分が一番ですからね、親の育て方間違ってますよね。
最後はお茶らけて終わらせますね(笑)実はこれ語らせると、1日で済まないんで私(ははは)

まぁ、新しいお話?!
早速お邪魔します~~~仕事中なんで、感想は後になると思いますがではでは楽しみにしてます!!!
  • posted by murasehisari 
  • URL 
  • 2006.10/12 11:41分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。