日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

いい加減にしなさいっ(By梶原理沙子)

ブログルポ シェアブログ1に投稿





「荒木さん」

 その声で主任が飛びのくようにして僕から離れると、向こうからやってきた荒木さんも僕たちに気がついてぎょっとしたように足を止めた。

「祐志、なにしてるの」
「なにしてるって」

 むすっとした顔で髪をかき上げると、そこで初めて僕に気がついたように「君は」と目を向けてきた。
 そういえばここって歩道の真ん中で、そりゃ人の通りは少ないけれど一応往来な訳で、そんなところでこうやって抱き合ってたりしたらやっぱり不審だよな、とそこのところを咎められるとちょっとまずいかもと思っていたら、

「・・・いつの間にそういうことになってたの?」

 意外そうに聞いてくるのに僕よりも先に主任が、「そうじゃないったら」と手をバタバタさせて答えた。

「そこのお店で一緒になっただけで」
「いや、あの違います」

 主任の弟さんだって分かてる今はちゃんとご挨拶しなくちゃ、と一歩前に出て名前を名乗ろうとしたら、「ああ今それどころじゃないんだっ」とすぐに立ち去ろうとするから僕も主任も「えっ」と驚いているうちにもう一人、向こうから走ってくる人がいた。
 ・・・もしかして。
 取締役?
 走りこんでくるその勢いに圧されて僕が後ろに下がろうとすると、それを見て荒木さんがなんだか慌てて逃げ出そうとするから、それを主任ががっちりと腕を取って引きとめた。

「離せよっ」
「だって祐志、和孝が」
「だから離せって言ってるんだろ」
「でもっ」

 またもや状況のわからない場面に遭遇して、僕はどうしたらいいのかと気持ちだけがあたふたして、ただそこに居るだけだった。

「・・・ゆうじっ」

 その僕の目の前にぎゅっと腕が伸びてきた。

「待てよ、なぁ」

 中山取締役は、僕どころか主任も目に入っていない様子で、心底困ったと言う顔を見せて荒木さんの肩に取りすがった。

「ついてくるなって言ったろ」

 それをいともあっさりと振り払って、まるで汚いものでも触ったかのようにジャケットの肩をパンパンと払う。
 マジかよ。
 露骨じゃないですか。
 目を丸くしている僕の隣では、はらはらと心配そうに二人の顔を見つめている主任がいて、それはどう見ても好きな男がいきなり現れたって感じじゃなくて。
 でも中山取締役の名前を呼び捨てにしてるってのは、どういうことだって、ちょっと、いやかなり気になってるんだけれど。この状況であっても。
 そうこの状況、今まさに取締役が荒木さんの胸倉でもつかみかかるんじゃないかって、緊迫した状態で、荒木さんのほうはというと、ちょっとでも相手が動けば握っているこぶしがぶんと飛んできそうなすごい剣幕で、きりりと取締役の顔を睨んでいる。
 いざとなったら僕が間に入って止めなくちゃいけないんだよな。
 と思って覚悟を決めて、ふぅっと大きく息を吐き出したら、

「あんたたちいいかげんにしなさいよっ」

 主任が大声で怒鳴りつけた。

「・・・理沙子」
「理沙子じゃないわよ、和孝」

 ずいっと身体を二人の間に出すと、両方をじろりと見回してから取締役の顔に焦点を当てた。

「和孝、縁談って何?」

 え、っと驚いたのは荒木さんのほうで、取締役はというとひどくムッとして「違うって」と顔を顰めながら言い捨てた。

「それは誤解だってさっきから言ってるんだ」
「じゃあ私にもちゃんと話しなさいよ」
「そうしようと思ってるさ」

 取締役の返事は主任にだったんだろうけれど、目はずっと荒木さんのほうを見たまま逸らさないでいる。荒木さんはそれを嫌うようにしてそっぽを向いて、なんだかこれって、あれっもしかしてと思ってみたりして。
 もしかして、取締役って主任とじゃなくて。
 荒木さんと、だったりとか。
 え。
 そう考えると、いろいろすっきりしそうな気がする自分がにわかに信じられなくて、

「・・・うそ」

 思わず声が洩れた。

「日浦君、君居たのか」

 ぼそっと出た言葉に気がついて、取締役が僕の方を向いた。
 さっきからずっと目の前に立っているのに、今初めて現れたようにいわれてなんだかそれこそ「うそ」と思うんだけれど、僕と主任を交互に見比べて何を思ったのか取締役は、

「君たちも一緒に来てくれ」

 と僕の手を取って今来た道を元に戻ろうとした。

「え、なにっどこに行くの」
「和孝、お前何考えてるんだ」
「なにって」

 振り返った取締役は最初の困った雰囲気は微塵も感じさせないで、きっぱりと言い切った。

「事実をきちんと説明して、祐志にわかってもらう、それだけだ。・・・理沙子と」

 そこで僕の腕をつかんでいる右手を掲げて、荒木さんに向かって笑いかけた。

「この日浦君は僕の証人になってもらう」






******************************

オリジナル小説サイト『SP2XX5』では加筆修正した『日浦君の恋愛事情』をお送りしております。


電脳浮遊都市アルファポリスWEBコンテンツ登録 ポチッとお願いします!
alfa1


segakiyuiさんの作品『ハレルヤ・ボイス』絶賛支援中!
詳しくはこちらでどうぞ!!!
『エターナル・アイズ』

segakiyuibana









スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。