日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

リボンとローヒール

ブログルポ シェアブログ1に投稿




 なんか変だ。

『嘘だろう』

 あの声は、明らかに戸惑っていた。
 それは、最初僕が先輩と同居してるって言う話に対してだと思った。 まぁ、そりゃあ僕だって転がり込まれたほうで、すごく迷惑って訳じゃないけれどいつまでもこんなの続けてはいられないよな、と思っている。それに、涼子さんのことを彼女だとばっかり思っていたのが、実の親子なんだとわかって別に喧嘩してるわけでもなんでもないのなら、家に帰ってもらって構わないんだから、とは正直思うけど。
 でも、そうじゃないんだあれは。
 先輩が、荒木さんと知り合いだってことを解って出たセリフなんだ。
 それってどういうことだろう。
 隣に立つ取締役の顔を、凝視しない程度に気をつけながら見つめる。
 取締役はあれから、それについては何にも言わなくなっていた。


 1階の人事課まで降りると言った取締役に連れ立って、階段で降りればいいところを僕はエントランスでエレベーターを待っていた。なかなか来ないと思っていたそれがチンと音を立てて扉を開けたとき、

「あ、待ってっ」

 バタバタッと後ろから駆けて来る人があった。

「わ、間に合った」
「美奈ちゃんっ」

 慌てた僕と取締役が扉を押さえているところに、美奈ちゃんがぽぉんと足を蹴って飛び込んだ。

「なんだ日浦さん、よかったぁ階段使わなくちゃなんないかと思った」
「よかったじゃないよ、危ないじゃん」

 もう、と笑いかけた僕の隣で、取締役がすごい怖い顔をして美奈ちゃんのことを見ていた。

「・・・美奈子さん」
「あ」

 やだ、取締役もいらしたんですか。
 えへ、と舌を出した顔が、微動だにしない怒り顔に次第にしゅんとして泣きそうになっていく。ああ、もうちょっと優しく接してやったっていいじゃん、と僕が言いそうになったとき、

「無茶をされては困ります」

 短いけれど、ビシリとした口調で取締役が美奈ちゃんに向かって言った。

「ごめんなさい」

 美奈ちゃんは僕の方をチラチラ見ながら、でも何を言われているのかちゃんとわかってそう返事をした。
 ・・・・・ん?
 ってさ、これってもしかして僕が目撃しちゃいけない場面だったんじゃ?

「・・・あの」

 と声を出しては見たものの、その場の空気があまりにも緊張しててそれ以上の突っ込みは出来なくて。
 なんか変だよ。
 頭の中でそう思うことしか出来なかった。
 でもそれっきり、目を合わせないで真っ直ぐ前を向いていた取締役が5階に着いた時、

「じゃ」

 と僕にだけ向かって手を上げて、扉の向こうに消えていった。


「美奈ちゃん」
「えへへ、怒られちゃった」
「いやそうじゃなくてさ」

 君は取締役となんか関係があるの?と聞きそうになって、ポンと思い出したのは『取締役の縁談』で。
 自分の発想にとんでもなく、
『うそっ』
 っと思ってしまった。

「・・・なに?」

 立ち止まってしまった僕を振り返った美奈ちゃんは、「なんでもないよ」ととっさに返した僕に、

「そう?」

 と不思議そうな顔をして、にっこりとかわいい顔で笑って先に企画室のドアを開けて行った。
 いつもながらの清楚なボレロスーツ、ふわりと広がったスカートは胸のところから切り替えのあるワンピーススタイルで、きゅっと結んだリボンがより可愛らしさを演出しているデザイン、当然自社のものだけれど。
 その後姿を見てあれ、っと思った。
 今日はかかとの高いヒールじゃなくて、滑りそうもない幅広のローヒールだ。
 それが何を意味するのかわからない僕は、この先の流行なのかな、とそのとき思っていた。






******************************

オリジナル小説サイト『SP2XX5』では加筆修正した『日浦君の恋愛事情』をお送りしております。


電脳浮遊都市アルファポリスWEBコンテンツ登録 ポチッとお願いします!
alfa1


segakiyuiさんの作品『ハレルヤ・ボイス』絶賛支援中!
詳しくはこちらでどうぞ!!!
『エターナル・アイズ』

segakiyuibana


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。