日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

それって無理難題です

ブログルポ シェアブログ1に投稿




 午後の仕事はなんだか身が入らなくて、パソコンの前でボーっとしてることが多くなった。
 別に僕がどうにかできる話ではないんだろうな、だから僕には話が見えないんだよな、そう思って、今夜もしかしたらその話をきちんと聞けるのかも、と思うとそんなに焦らなくてもいいじゃんと思うんだけれど、なんでだろう、さっきの横顔が気になって仕方がない。
 どうしても追いつけないと見せ付けられたような、強い意志というか。
 それが単純に僕の経験不足というものだとは、全然思いもしないでただそれが僕を不安にさせているんだということしか頭に浮かばなかった。
 いけない、仕事中だ。
 だよなと思って、午前中に確認した新規出店の企画書をグラフを使って見やすくまとめようとしていた時、企画室に普段は顔を見せない姿が入ってきた。

「あれは・・・」

 商品部の高野部長と、販売部の香西部長だ。香西部長のほうはここが販売部の一部だからわかるとして、なんで高野部長が、と思っているとすぐ後ろから中山取締役が続いてきた。

「梶原君」

 香西部長が主任を呼んだ。企画課課長はなにやってるんだと目をやると、すでに3人の傍まで行ってなにやら言葉を交わしている。なんだろうな、と気になったのは僕だけじゃなくて、佐々木先輩や美奈ちゃんまで手を止めて企画室入り口に釘付けになった。

「やっぱりかっこいい」

 へ?と思って見上げると、美奈ちゃんがその3人の登場に目をキラキラさせて、胸のところで手まで組んでうっとりとつぶやいていた。

「え、っと誰が?」
「えぇとぉ、高野部長」

 気付かれないように小声で聞くと、くねっ、と腰をひねって商品部部長の名前を挙げた。この3人、高野、香西、中山と言えば『ラウドネス』始動時からの強力ブレインで、中山取締役の脇をしっかりと固めていたのがこの二人だといっても過言じゃない。それに、若い視点と機動性と言うのを重視している取締役の方針の所為で、大掛かりな新規プロジェクトの時には必ずこの3人が先頭になって、新人を多用して動くと言うのもウチの会社の特色だ。
 え、てことは。
 まさか新規プロジェクト、開始とか。
 でもな、そんな大事なこと企画室の入り口で立ち話する訳ないか。
 と思って、美奈ちゃんがかっこいいと絶賛した高野部長に視線を合わせた。
 元々紳士服が専門だったウチの会社の、一番の主軸であったイタリアンテイストのスーツがばっちり映える体型、背が高くて肩幅が広くて、こんなところにいるよりもスタジオでグラビア撮影していたほうが似合いのようなハッキリした顔立ち。普通の人が着たらたぶん『礼服?』と思うような濃いブルーのスーツは、ランダムに入ったシャドーストライプが腕を動かすたびにキラリと光る。タイトめなシルエットに位置の高いウエストライン、フロントは三つボタンで小さめなデルタゾーンには淡いピンクのネクタイが見える。
 対する香西部長は販売と言う『営業職』だからだろうか、深い臙脂のラウドネスカジュアルラインのジャケットにところどころにオレンジの効いたチェックのシャツを合わせていて、快活そうな表情をよりくっきりと浮き出させていた。上から下まで『ラウドネス』で決めているのは見習いたいところだが、それもいかにもスポーツマンです、と言った風情の香西部長だから出来ることで、僕はあんな格好したらまず学生に間違えられるよな、と思ってしまう。
 身長は高野部長が一番高い、次が取締役で香西部長は僕とあんまり変わらないくらいか。
 しかしこうやって並んでいると、ホントこの3人が雑誌のモデルで出てくれたほうが売上伸びるんじゃないかと思うくらい、ウチの洋服がよく似合うよなぁ。
 美奈ちゃんが言うとおり、かっこいいよね、とその中でも見劣りしない主任の後姿にほう、と溜め息をついていると、

「日浦」

 ちょっと来て、と声がかかった。

「はい」

 なんだろ、と訝しそうに首を傾げた美奈ちゃんに見送られながら、僕はその輪の中に入っていった。


「これ、目を通しておいてくれ」

 そう言われて取締役に差し出されたのは分厚いファイルの束。間に写真が挟まっているらしくって、結構重さもある。

「明日朝からこの件について会議をするから、それまでに気が付いたことまとめといて」
「は?」

 あのー。
 いったい何事?と思って隣に立つ主任を伺うと、なんだか相当難しい顔をして同じようなファイルの束を睨んでいた。

「『マーガン』の姉ブランドを立ち上げることになったから、その戦略企画を君たちにお願いしようかと思って」

 高野部長が柔らかな声色で言う。

「春の新規出店、新潟のラベール万代だったか、あそこに全国に先駆けて食い込もうと思ってな」

 はきはきと滑舌よく、香西部長が言う。

「え?」

 さっきまとめていた新規出店の企画書、それがラベール万代のものだったけれど。
 それに、それってもう『まとめ』にはいってる話なんですけど。

「・・・うそぉ」

 主任の難しい顔がよくわかった。
 無理難題、そうとしか言いようのないことがいきなり降って湧いてきたんだった。





******************************


オリジナル小説サイト『SP2XX5』では加筆修正した『日浦君の恋愛事情』をお送りしております。


電脳浮遊都市アルファポリスWEBコンテンツ登録 ポチッとお願いします!
alfa1


segakiyuiさんの作品『ハレルヤ・ボイス』絶賛支援中!
詳しくはこちらでどうぞ!!!
『エターナル・アイズ』

segakiyuibana


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。