日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

でも、諦めないから

ブログルポ シェアブログ1に投稿




 はい?
 とっさに何も口には出せなくて、ただ黙ったまま高野部長の顔を見返した。
 よく目が点になるって言うじゃない、まさにあんな感じ。高野部長も黙って僕を見返してきて、そのままにらみ合うこと数秒。そうして部長の方から仕方なしって感じで声を掛けてきた。

「・・・なんだ、驚かないのか」
「いえ、驚きすぎて固まりました」
「ハ、ハハハ」

 なるほど、君は面白いなぁ。
 あの中山が気に入るだけのことはあるか、と言うと、ポンポンと肩を軽く叩いてきた。

「今年の夏の『マーガン』のコマーシャル、コンテのアイディアは君だって聞いたよ」
「ああ・・・いえ、あれは企画室で出し合った案なので」

 あれを考えたのは、僕だけって訳じゃないよな。
 そう答えて高野部長から離れようとすると、ぐっと腕を取られてますます距離を縮められた。

「いや、あの発想は販売にだけ使っているのはもったいない」
「ええと」

 あの発想って。

「私は常々色の使い方をどう捉えているのか、それがデザインを決めるポイントだと思っている」
「はぁ」
「モノトーンが流行するからと言って、ただ前習えで黒と白ばっかり使っていたんじゃ周りに埋没する」
「はい」
「だからと言って、その中でカラーに走ると敬遠される」
「・・・はい」
「君はその微妙な機微を捉えることができると思うよ、ところで」

 高野部長は僕の腕を放すと、机の上に並んだファイルの一つを取り上げた。

「テレビコマーシャルがどれほどの影響力を持っているか、君は知っているか?」
「影響力ですか」
「ある調査では、新聞などの紙の媒体は、ブランド認知度の約17%程度に留まる、しかしだ、テレビコマーシャルからそのブランドを知る人は73%にもなる」

 単純に4倍だ、そういうとマーガンのブランドカタログにある、夏の新作発表の時に一面で使われたコマーシャルの一部を広げてみせた。

「これを見て『マーガン』を知った人が10人中7人いるってことだ」

 それはマリンブルーを思わせる綺麗な青の中に、サイダーの泡をちりばめてその中にマーガンのロゴをまるで跳ねるようにして出現させたコマーシャルのフォトで、おおよそファッション業界の宣伝とは思えないところが逆に受けて、テレビコマーシャルを見てから欲しいという人が増えだしたそのカタログは、都内のショップから1週間かからないで全て人手に渡っていった。

「目から入る影響力は大きいんだ」

 君にはそれを動かすだけの力がある。それを商品開発に生かしていってくれないか。
 じっと見据えられて、僕はそれから逃れるように一時目を閉じた。
 ちゃんと考えなくちゃ。
 高野部長が僕を高く評価してくれているのはわかる。でも、それって商品を作る側だろうが売る側だろうが、その商品をどれほど愛してるか、によるんじゃないだろうか。
 僕は、ウチの会社の洋服を出来るだけたくさんの人に着て欲しい。『着せたくなる洋服』をどんどん宣伝していきたい。この客層ならどういうアプローチでもって行こうか、それを考えているのが楽しい。ショップに居た時だってそうだ、一枚のTシャツを、どうやったら目立たせることが出来るのか、かっこよく見せることが出来るのか、それを考えてきた。今はそれが、一つの店舗としてどうやって見せたらラウドネスやマーガンの商品がより効果的、魅力的に見えるかを考えていると言うことになってるだけだ。もともとの考えはずっと変わってない。
変わってないんだ。

「僕は、できるだけ多くの人に自社の商品を知ってもらいたいです」
「・・・だから?」
「企画課にいて、それをやって行きたいです」
「ふぅん」

 なんだ、と言って高野部長はコツコツと足音を立てて椅子まで戻っていった。

「香西の言ったとおりだな」
「は?」
「香西、あいつが君はうんとは言わないさ、と言ってた」
「部長が」
「そりゃこっちだって君にいきなりこんな話はしないさ、根回しはいろいろとさせてもらったが、どこもかしこも首を縦に振らないのでね、直接ぶつけてみたんだ」

 でも、やっぱりだめってことか。
 あーあ、とわざとらしい溜め息をつくと、高野部長はファイルブックを持って立ち上がった。

「じゃあこれからの会議で、私がなにをしていきたいのかきっちり聞いてくれたまえ。それを生かしてくれるのは君だと信じているよ、それが今私を振った君に出来る、唯一のことだからね」

 ま、でも新規出店の成果が出たら、また考えてくれてもいいんだけどね。
 こっちも諦めないから、と言いおいて、高野部長は先にたって第一会議室へと向かっていった。
 マジですか。
 諦めないから、と言った一言が、僕の中でずっとこだましていた。






******************************


オリジナル小説サイト『SP2XX5』では加筆修正した『日浦君の恋愛事情』をお送りしております。


電脳浮遊都市アルファポリスWEBコンテンツ登録 ポチッとお願いします!
alfa1


segakiyuiさんの作品『ハレルヤ・ボイス』絶賛支援中!
詳しくはこちらでどうぞ!!!
『エターナル・アイズ』

segakiyuibana


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

この日浦くん 

この日浦君のテイストは好きだよ、うん。
なんかしっかり腕掴んで引っ張れそう。細そうだけど、ちゃんと血が通ってあったかそう。
引き抜かれて企画室、というのがよくわかるような気がしました。
  • posted by segakiyui 
  • URL 
  • 2007.04/09 00:47分 
  • [Edit]

お仕事モードなので(笑) 

自分が多分、「作る側」ではなくてその商品を「いかに効果的見せるか」「買う側にとってどういった意味があるのか」ということを提示しながら物を売ってる商売をしているのでこういう発想になったんだと思うのね。
好きと言って貰えてよかったな(喜)
  • posted by murasehisari 
  • URL 
  • 2007.04/09 20:17分 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。