日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

荒木祐志の心情 蒼山学院大学編

「・・・お前、その格好なの?」

 駅前で8時に待ち合わせな、と言われたとおりに駅の改札から出たところでぼさっと立って真鍋が来るのを待っていると、向こうからやってきた真鍋が「よぉ」と声を挙げたか挙げないか位のところで、おいマジかよと首をかしげて立ち止まった。

「なんだよ、おかしかったか」
「や、全然」
「はっきり言えって」
「いや、あーなんつーかさ」

 そばまで寄ってきた真鍋は、伸ばした手で上に羽織ったシャツの端をつまんで、「やっぱ普通のシャツだよな」と指先でその手触りまで確認してからやっと手を離した。

「かっこよ過ぎね?」

 大真面目な顔で言うからプッと噴き出した。

「・・・お前がお洒落してこいって言ったんだろ」
「言ったけどさ、こういう方向ってなんつーか反則って言うかさ」

 そうか?と実のところ何を言われているのかさっぱり訳が分からないで、俺は自分の姿格好を見下ろした。たいして気合の入っていなさそうなルーズフィットのワークパンツ、ピッタリしすぎない程度の灰色の、でも中がオレンジのストライプだったりするところがミソのTシャツ、合コンだからって言うことでさすがにTシャツのまんまは申し訳ないなと着てきた感のあるオフホワイトのコットンシャツ、客観的に見て「イマドキ」だろうとは思うラインナップではあるけれど、俺が着てるってことを考えるとそこまでいいとは思わないけどな。
 とはいえ親父が編集長やってる雑誌に出ていたブランドで、パッと見これはいいなと思って珍しく揃えてもらったヤツだからそれなりに格好がいいんだろうなってのは認める。
 親父はまぁたぶん聞けば知らない人のいない男性ファッション誌の総編集長でなんてのをやってて、ほとんど家には帰ってこないくせに自分の仕事を息子である俺には時々自慢しにやってくる。最新号だといって持ってきた本の、そこの専属だっていう谷原なんとかってモデルがポーズとって出ていたページを見せて「この男カッコイイだろう」って賺した顔で言うような親父なんだ。
 なんてボーっと考えている最中、真鍋はぐるりと俺の周りを廻って、ふーんと肩に手を回すと、最後にもう一度まじまじと撫で回すようにして見てからうんうんと納得顔で頷いた。

「これってイタカジだろ」
「なんだその、イタカジって」

 はぁ?と聞き返すと、もの凄い意外そうな顔で「お前、まさか知らないで着てんの」と言ってシャツの襟を思いっきり引っ張ると、

「やっぱ当たったよ」

 と自慢そうな顔で言ってきた。

「DIESEL(ディーゼル)、イタリアの老舗カジュアルブランドで常にストリートカジュアルを意識したファッションがお洒落で先端行ってる感が目いっぱいな注目アイテム」
「なんだその宣伝文句みたいなのは」

 いきなりずらずらと並べ立てられた台詞に面食らいながら、極端に密着してきたのに勘弁しろよ、と身体を離しながら言い返すと、「へへへ」と笑いながら白状した。

「最新号のメンズマインの受け売り、あれっていいブランド出してくるもんな」

 今日着てるのもそれに載ってたヤツでアバクロって言うんだ、と黒なんだけどどこか古着っぽい加工をしてあるTシャツを引っ張りながら言った。

「コレ、まだあんまり着てるヤツいないんだよね、だからちょい自慢」

 でもなーお前には負けるわー
 クスクス笑いながら、じゃあ行くとしますか、と歩き出したのに待てよ、と慌てて付いて行く。

「行きますかって、なぁ今日って2人だけ?」
「いや、2年の先輩があと2人」
「じゃあ4対4?」
「まぁ、たぶん」
「たぶんって・・・」

 いい加減だなぁ、と同時にらしいなぁ、と思う。
 なんか、いいよなやっぱこいつ。
 アバクロ、と言われたそのブランドはさっぱりわからなかったけれど、「メンズマイン」ってのを聞いてなるほどなと思った。親父の好きそうなファッションだ。俺が着てるのよりももっとルーズフィットなパンツはでもなんだか着崩れた感じがしなくてスッキリしてると思うのは足が長い所為だろう。全体的に黒っぽいのは変に野暮ったくなりがちだけど、そうでもないのはこいつの持ってる雰囲気が黒じゃないからだ。
 俺がオレンジやオフホワイトを着ても出せない明るさって言ったらいいのかな。
 だよなやっぱ、と内心思いながら人通りの多い繁華街を並んで歩いていく。
 行き先は、と聞いたらその先の角を曲がったところにある新しくできたイタ飯の居酒屋だという。
 イタ飯って訳すのもどうかと思うけど、その上居酒屋ってどういうことだよ、とからかい半分に言いながら「まぁまぁ着いてのお楽しみ」と返してくるのに、

「・・・まったく」

 と笑いながら返事をした。




********************************


「その日 7月16日」を先にと思ったんだけれど(あうあう)
ちょっとまとまってきた荒木さんのを先に出します。次は合コンシーン・・・・・うーんとねぇ、今から11年位前が設定なんで、1990年代を思い出しながら&ネットで調べまくりで書いてます。おかしな所があったら是非教えてくださいね!



電脳浮遊都市アルファポリスWEBコンテンツ登録 ポチッとお願いします!
alfa1

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。