日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

三角錐

全ての面が正三角形をした四面体、三角錐。
例えばこれの一つの面を下にして置いて、他の一つの三角形と相対するようにして正面と向き合うと三角形は一つしかないように見える。
ほんの少し位置をずらして、斜めに向き合うとニつの面が見える。でも3つは見えない。
少し視点を上に持っていって、出来れば真上から見ると三つの三角形が見えるが、後一つはどうしたって見えない。
これは、三角形が置いてあるからでもあるし、自分が手を出してそれを持ち上げようとしないからでもある。
持ち上げて、いろんな角度から見ようとするのは果たして傲慢だろうか?

三角錐が意志を持っていたとしよう。
相対する相手に、一つの面しか見せないと思っていれば、相手がどう向き合おうとしてもそれに対して対応するように動くだろう。二つ見せてもいいと思っていたら二つ、三つ見せてもいいと思っていたら三つ。
でも全部見せるには自分もぐるりと動かなくちゃならない。
自分から動いて、全部見せようとするのは傲慢だろうか?

傲慢と言うのは、当てはまらない言葉だとも思う。
必然でもいいし、許容でもいいと思う。
それにどんな言葉が入るのかは、どんな関係であるかなんだと思う。対等であれば、それがどんな関係でどんな面を見せていったらいいのか、互いに考えられると思うけれど一方的であったり相手にしない、されない関係であればどうなんだろう。

自分のことを考えて自分の過去をもう一度考えるときに、必ずと言っていいほど重なってくる人がいる。小さい時からつかず離れず、いい意味でも悪い意味でも同じ時間を生きてきた友人だ。
自分のことを考え、どう思うのかを自分に言い聞かせるようにしてその人に話さなければならない状況になるのはしばしばで、今も自分がどう人と、それも大事な人と接していくのかを考える時に同じように大事な人との時間を取り戻したいと訴えてきた。
まるで、自分を見ているように。
自分を振り返るように、見つめるように。
思い通りにはならないと、自分に言い聞かせるように。
時間をかけなくては、どんなに壊したくないと思ったものでも壊れると気がつくように。
何のために生きているのかを問いかけるように、私はその人に話をする。

どこの面を見せているのか、私のどこの面までを見たいと入ってくるのか。
いつも考える、この人は何故私の隣に居続けるのか。
私はそこから何を学ぶのか。なにが必要なのか。

考えることが出来るのは、その時間を待ってもらえるのは、幸せなんだ。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。