日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

日本語は難しい

昨日の首相の突然の辞任会見のあと、さまざまなニュースで今までの「語録」を流していたが、首相に限らず政治家の方々の言葉遣いはなんとも奇妙と言うか、「理解が難しい」と思うことがたくさんあるのだな、と思った。
農林水産大臣の「やかましい」もその後援護するように「やかましいは関西圏ではうるさいとかマイナスイメージでは使わない」と言う発言が続いたけど、字で書くと「喧しい」で、三省堂の辞書で引くと「口うるさい」と言う意味になっている。地域限定のイメージでそう言ってしまったというのなら、全国ネットの政治家なんてのは勤まらないと思うし、意味を知らないで言ってしまったというのなら政治家以前の問題だと思う。

まぁ、かく言う私もそれほど偉いわけではないのでどう思われるかはお任せするしかないのだけれど、しかしである。
昨日のニュース番組で構成されていた首相語録の中で、先日終わったばかりのオリンピックに出場した選手への激励の言葉として「せいぜい頑張ってください」というのがあった。
これは、絶対使い方が違うだろう、ていうか、場面により使い方があってる場合もあるかもしれないけど、日本を代表して参加している選手に言うことなではないと私は思うのだけど、ここを読んでくださってるあなたはどう思われるだろうか。
「せいぜい」は漢字で書くと「精々」であって、意味は「出来る限り」とか「多く見積もっても」と言うのだけれど、それこそイメージとしてはその道を極めた者がまだまだ若輩である者に対して「さてどこまで出来るかな」という、期待とともに抑え付けをこめた言葉のように思う。この域に達するには、まだまだかかるのだけれどね、みたいな感じ。言い言葉としても目上の人には決して使わないし、励ましではないように思う、となるとやはりこれは、意味をわかって使ってなかったんじゃないかな、と勘繰りたくなるよね。

私は接客を仕事としているので、お客様の年齢は関係なくマイナスイメージでとられる言葉は極力避けることを念頭においているのだけれど、考えれば政治家の方々だって『サービス業』なわけなんですよね。選挙で選ばれないと政治家にはなれないんだからさ、イメージって一番大事だと思うんですが、最近のニュースを見てるとそうは思ってなさそうな方々が確実に多くなってるみたいですよね。後から言い間違えましたとか、そういうつもりではなかったと言っても、通らないことがあるって身を持って知ることって今までなかったのかしら。口から出たことで取り返しがつかなくなることってのを身を持って知ると、絶対やらないしやりたくないと思うものだけどなぁ。

まぁそれにしても日本語は難しい、そう実感しますね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。