日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

お医者様が足りないと言う話

朝の情報番組で北海道の総合病院で、医師が足りないことに対してあの手この手の対策をとっている話をしている。
先日は、大学の進学希望者数の話題で将来医師にならんとする医学部志望者を確保するための各大学の働きや、入学定員の変更なんかもあると言う話も聞いた。実際受験生を抱えている親と言う立場にいると、普段は気にもしなかった情報が入ってくるけれど、私立大学の入学志望者確保の努力はありがたいが、まず志望しないとなぁ・・・とも思ってしまう。
私の住む街にある総合病院でも、午後からの外来診察はずいぶん前から中止され、また今では新患受け入れも断っている状況だと言う。皮膚科がなくなったり評判の良かった先生が個人病院として出て行ってしまったり、そこに行けばいっぺんに内科外科眼科と診てもらえるわけだけれどそれまでの先生が出てしまってはそれについてあっちこっちと動く羽目になって、なかなか全部は回れない、と嘆くお年寄りも多い。

春に、隣のおばあちゃんが犬にかまれて手のひらの皮がべろんとむけるという大怪我をしたことがあった。親指から下を手首まで10センチ四方よりも大きな範囲があと何ミリと言う小さな幅の皮でくっついているだけで、おばあちゃんはカットバンで押さえるだけでいいと言い張ったけれどそうも行かないで救急病院に連れて行くことになった。
そのとき、救急車を呼ぶのではなく、どうしても行きつけの診療所の先生じゃないといやだ、あの先生に診て貰いたい、とかたくなに他の案を受け入れてくれなかったのでその診療所に電話して、時間外の診察をお願いすることになった。
今から行くと言ってそこに向かうと先生は街に出かけてしまっていてこちらに戻る途中だと言う話で、すでに診察時間を終えて何時間もたっているわけで、いったい何の用事で出かけたのかはわからなくても当然プライベートなわけだから大変な迷惑になったのではないか、こちらはそう思ったのだけれど、それからしばらくして姿を見せた診療所の先生はそんなことは一片も出さずににこやかに対応してくれた。
聞けば、内科も外科も、何でもこなすんだと言う。そこは街中から2時間ほど山に入った集落にある総合診療所で、頼りになるのはその先生だけと言う話なので何でもこなすと言うのはそのときは必然なんだろうと思った。

こうして番組を見ていると、医師は人を好きでないと出来ない仕事なんだな、と改めて思った。それが必要だからあなたには能力があるから、といくら言われても、好きでないことはやりたくないものだ。
テレビを見ながら義母が、「5時に帰れる仕事を、誰だってしたいからね、好きじゃないと出来ないよね」と言っていた。
そうだよな、と思う。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。