日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

年賀状作成とクリスマスパーティー

今日はお休みなので、当初の予定では年賀状の作成をしようと思っていたのだけれど今週末にある会社のクリスマスパーティー(お客様をお呼びして接待する側のパーティー)で着る洋服が先輩とバッティングするらしいことがわかったので新しい服を買いに行こうかなとちょぉっと考えてます。
何でこっちが新しい服を用意する気になったってかは、だって、シルエット的におんなじかも知れない服を「先輩と一緒の空間で」着るのはいやじゃんか!アタシの先輩って言うと年齢的には50代だもんね、うーんうーんと考えてやっぱりやだなぁとか、いろいろ考えるわけですよ。

クリスマスパーティーというと、3年位前にやはりこの会社のパーティーと娘の中学校の役員会議兼慰労会が重なったことを思い出します。私はあまり出席率のいい役員ではなかったので、その慰労会には出てね、と念を押されていたのだけれど、いざ日程が決まったらなんとそれが1月も前から予定が決まっていた会社のパーティーと重なったので、中学校のほうの慰労会はキャンセルしたんですね。こっちは仕事だし、中学の役員会議も大事だけど時間的にもぴったり重なったんでどうしようかと娘の担任の先生や役員の担当の先生に相談してから決めたことですが、そのおかげで他の役員のお母さん方から「あの人は忙しいから会合には呼ばなくていい」と言うレッテルを貼られてしまったんですね。「仕事優先で母親の仕事は後回しだから」と。
そのこと自体は、なんていうか、仕方ないなとは思うんです。お客様あっての仕事をしてますから、その私の仕事の全部を理解してくれとも思いませんし、どっちを優先させるかとなったら家庭よりも仕事と言う生活をずっと続けてきたことは確かなんで、それが「母親」としていかがなものかと言われるのは考えられることだから。
でも、私の仕事って極端な例を挙げると行列のできるラーメン屋の親父さんのようなものなんで、その親父さんがいないと「その味のラーメン」が食べられないのと同じように、私がいないと直せるはずのメガネが直らない、ということなんだよなぁと自分では理解してるんです。同じ仕事ができる私の代わりができるのは社長だけだし、て言うか、社長の代わりができるのが私だけってのが正解なんですが、いわばぎりぎりの人数でやってるからそうなるんだけど、まぁそれが仕事だからなぁ、と思ってるんですね。
自分の代わりがいないって仕事は、他にもたくさんあると思うんです。ウチの店のお客様の保育士さんたちも看護師さんたちもそうですし、自営業の方々もバス会社の受付のおねぇさんもそうだし、どんな仕事だって自分の代わりがいつでもいるからいつ休んでも平気よ、なんて人はいないと思うのね。
だけど、土曜とか日曜に休めないとか夜も仕事ですとかって話になると「それじゃあお子さんがかわいそう」と言ってくる人がいたり「母親としての役割をおろそかにしてる」とかっていわれちゃうんですよね。
・・・・・違うと思うんだけど、なぁ。

まぁ役員の仕事と限定して考えると、何も私だけが担うものでなかったわけだけど(旦那が行きゃよかったんだけどね)年末進行で忙しい時期に当たったからそれも叶わなかったんですよね。
今では2人の娘は高校生になって学校に対してほとんど親の介入することもなくなったので、こうやって今になってみると親のつながりを大事にするってのも社会との関わりの一つなんだなぁと思ったりするわけなんですよ。
でもまぁ、出来ないことはできないと言っておかないとなぁとも思うんですけどね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。