日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

年賀状

短大のときの隣の部屋の先輩で、ずいぶん親しくしてもらった人から卒業後、ずっと年賀状のやり取りが続いている。
思えばもう20年以上だ。
その人は富山の人なんだけれど、大学時代に付き合っていた人と結婚して福岡に住んでいる。ご主人は大学卒業後に実家に帰ったはずだけれど、遠距離の恋愛を成就させたのだ。
うーん、その話は聞いたときに凄いな~と思ったけれど(というのはその時分に自分はそこまで好きになった人がいなかったというのもあるのだけれど)その後の年賀状の中身を読んでいると幸せな生活を送っているんだなぁとわかる。
専業主婦で、今は図書館で時々読み聞かせのボランティアをしているそうだ。
なんかなぁ、きっと「隣の芝生」感覚だといわれるだろうけど、うらやましい生活だなぁと思う。っていうか、やっぱりいつまでたってもその人は私の憧れの先輩なのだ。

年賀状では久しぶりの人の「今」がわかってなんだか嬉しくなる。
高校のときの友達は、もう何年も会っていないけれど、一昨年の地震で壊れた家を建て直し今年の3月にようやく完成するそうだ。昨年の年賀状はあて先が不明で戻ってきてしまったけれど、なるほどそういう理由があったのか、と納得した。
パントマイム俳優の村田さんからは元気な様子の葉書がやってきた。全国の子供たちが待っているというのは事実も事実、また柏崎にいらしていただきたい、と思っている。
親戚のおじさんからは、手書きで一言「生存確認です」と添えてあった。うーん、なるほど年賀状は年一回の「今年も元気でいるよ」という報告も兼ねているのかもしれない。北海道に住んでいる義母の友人からは、昨年入院したという一言が書かれていた。
なんといったらいいのか、そういう年になったんだな、という感じだ。

こちらから出したっきりで返事の来ないものもある。しつこいようだが、そういった相手にも私は毎年出していたりする。どうしても欲しくないのなら「葉書は結構」といってくるだろうし、そうでないのならこちらからの「生存確認」を認めてくださっているのだろうと思うからだ。まぁ、しかし、葉書は結構という連絡すら面倒という場合があるかもしれないけれどね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。