日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

夏なのにヌバックを買う

7月の旅行に履いていこうと思って、こないだから履きやすい靴を探していたんですがどうもね、革靴じゃやだし、だからって機能シューズ(バイオフィッターみたいなの)じゃあ味気なし、なんかこう、ピッとくるのがないかなぁと思って探してたら、小千谷の靴屋さんにこげ茶のヌバックのスニーカーがあったんですよ!しかも「最後の一足」でどんぴしゃな24.5!!!
40%OFFなんで5000円でお釣りがくるし、と思ってうーんうーんと考えて、もう一回他の店にもいってそこになかったら帰ってきて考えよう、つーことで街中をぐるりと回って、ぐるぐるしてるうちにやっぱりそれ以外にないなーと納得して買いました。

うん、やっぱいいかも。

夏なんだけドナーと思いつつ、今日はいてた靴もやっぱヌバックのローファーなんで、どうも私はヌバックが好きなんだと納得したところです。


もう少しプロットをつめてみて、書き出せそうだったら「今生の夢、うたかたの約束」をはじめから書き直してみようと思っています。どうも、他の話はプロットを書き終わってるのでも気が乗りません。予定を組んでたのも半分くらいしか手がついてません。どうしても、自分が嘘ばっかり書いてる気分になる・・・・・創作ってのは、そういうものだって好きな作家さんがエッセイで書いてたけど、だからこそ本気で嘘を突き通すものを書いているんだって、そこにはありました。
きちんとした、嘘をつける話を書く、ということなのかな、とかそれを読んだときはいろいろ考えましたが、嘘といってもそこにはいろんな嘘があるわけで、綿密に作り上げた世界でないものを構築していくこともあれば、ありえない世界でありえないことを作り出していくことだってあるんだなぁとも思ってます。
今は。
しかし、ないはずの世界、見たことのない世界が読んだとたんに広がるってのをたった5行で体感しました。「1Q84」を読んで感じたのです。
本の世界ってすごいんだと、改めて思ったらなんだかね、嘘だからかけないと思ってたのがすっと軽くなった気がしたんです。

別に、私が書けなくなったって誰も困らないし、と思っているうちは書かないと思います。うーんたぶん書いても書かなくても誰も困らないでしょう。でも私がきっと困るんです。書かなかったら、「書けなかった」と一生思うんでしょう。なんかそういうのやだなーと思い始めています。
もう急ぐこともないし、誰のためでもなく書けることに気がついたんで、ゆっくりやります。そのためには以前書いたものに目を向けないとね。
見るのに抵抗があったけれど、少しできそうな気がします。

では少しずつ。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。