日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

映画 室井慎次

またもや映画を観てまいりました。

『容疑者 室井慎次』うーん、前評判で感じていた限りでは、大したこと無いか、だったんですがどうしてどうして、なかなかの出来でしたよ。
と、単なる映画好きの私がいうのは好き勝手なんですが(ワハハ)あのね、この映画は面白い映画じゃないのよね、言っとくけど。


そうだなぁ、見ながら30分経ったところで「仁義なき戦い」で松方弘樹が迫ってきたシーンを思い出したり、「県警対組織暴力」で取っ組み合いになってるシーンを髣髴とさせたり(深作監督の作品、うろ覚えだけどね~観たのはずいぶん前だし)もう少したったところでは黒澤監督の「生きる」で志村喬が胸に詰まった思いをぐっと堪えて黙って前を見据えるシーンとか、小津監督の「東京物語」で余計な説明をすっとばして見せる情景だけで語る人間関係とか、リドリー・スコット監督が高倉健にさせた溜めの演技とか、健さんで言えばマキノ雅弘監督の「任侠伝」シリーズに流れる芯の真っ直ぐさとか、ああもうね、特にラストまでの30分間は「人間」を見せてくれるのでそこをわかってよねぇ!といわれてるようだった。
内容は、ええ~?と思うようなものなんですよ、マジで。こんなこと絶対にないし、あったとしても警察官僚が逮捕されるってのが公にはならない。最近は実際にもあったけどね。でもテレビで大々的には出てこなかった。それにホントにこんな事件があったら、まず先に公安がうごくっしょ?検察に先越されるようなことしないですよ、警察も視庁も。
ま、それはいいとして(笑)
特にラスト、何で室井さんは「もういい」と言ったのか、それを考えてるんですが、諦めたわけじゃないと思うのね。ただ、これ以上真実を追いかけても、真実が出てこないとそのとき思ったんじゃないかな。真実と言うのが、事実と違うときがあるんですよ。事件を追い求めるって言うのは、当然証拠を見つけると言うことで『確固たる事実』を摑まなくちゃいけないのね。でも真実はどうなんだと。それを追い求めて、そのために自分の全身全霊をかけてきたものを捨ててもいいとさえ思って、でもそれは、それを求めることで周りが事実を隠してしまうと気がついたとき、この『人間 室井慎次』だったらどう考えるかなと思って、「ああもう充分だ」とも思うんじゃないかなと、その選択肢もあると思うよなと考えたんですよ。
このときの彼は「警察官僚」じゃない顔をしてる。それをいうなら、この映画で「官僚」の顔をしていたことがどれほどあったかと思うと、数えるしかないことに気がつく。それは例えば新城さんと並んで車で移動してる時だったり(ここ、可笑しかったぁ~)窪園さんに「現場では!」と最初に言った時だったり(3回目は違ったよね)ほんと、数えるしかない。拘置所を出てくるときは、さすがに官僚になってたけどね。
映像が、映画というよりはイメージフォトと言った方がいい感じのがたくさんあって、それだけに想像力も掻き立てられると言う手法なのかなぁと思ってみたりね、するわけですよ。
ここはやはり「脚本家」である君塚監督のこだわりかなとも思いましたね。
観ていて楽しくはないけれど、考えさせられる映画だった。
それだけに好き嫌いはあると思う。でも、それこそが監督の、作る側の求めた狙いだったんじゃないかと思う。『踊る大捜査線』って、大きな市場だしもう確立された感があるけれど、それって打ち壊すだけの価値もあるって訳でしょ?観てみればわかるけれど室井さんは湾岸署を忘れてはいない。湾岸署も室井さんを忘れてはいない。人間の関係が、縦割り社会の中でも「情」を通じていれば超越するって言う答えのようなシーンもある。どこに感銘を受けて、どこに反発して、どこに違うと叫ぶのか、それを何通りも見出して欲しいと言うのが作ってる側の意図だと思う。
いい、と思わなくてもいいんですよ。でも其処に室井慎次はいるんですよ。
あと何年かして、柳葉さんが出る映画が「映画のほうが」寄って行くようになったら、その原点が『容疑者 室井慎次』であるとクレジットが付いてくれれば、してやったりだと思うよ(笑)
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

トラックバックありがとうございました。
奥様ジャーナルWEBを運営していますデンファレ・川原と申します。
今後もよろしくお願い致します。
  • posted by 奥様ジャーナル 
  • URL 
  • 2005.09/03 11:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画見てきた。

今日(昨日)の本番が終わった後、何人かで夕飯を食べている時、何故かみんなで夜に映画を見に行く事になり…(ぇ↓「容疑者 室井慎次」に行って来ました!27日は公開初日でしたし、行った時間がレイトだったので満席!印象としては…踊るシリーズでは珍しく、静かなシーンが多か

容疑者 室井慎次 (ネタばれ・・・気味?)

うっへっへ、見てきてやったぜ、『容疑者室井慎次』!!いやあ、かっこよかったわ~O(≧◇≦*)O室井さんが好きな人ならよだれもんヾ(〃゜◇゜)ノ・・・ってほどではないけど。柳葉さんはやっぱりすごいね。室井さん、あの性格だから、あまり台詞はないんだけど。...

容疑者 室井慎次(2005,JP)

 宿直明けの身体に鞭打って一日中会議に出席した後,映画館へ直行。で,レイトのチケットを購入した後 約3時間 映画までの時間をずっと本屋で立ち読みしまくってたDeannaです。・・・ってことで観てきましたよ~  容疑者 室井慎次 The Suspect Muroi Shinji  まぁ,期待し

容疑者 室井慎次

「容疑者 室井慎次」を見てきました。すみません、あまり面白くありませんでした・・・・俺、踊るファンのつもりです。でも今回は・・・理由はわかりません・・・ネタバレになるから書けません・・・・今までの「踊る」とテンポが違いすぎたからかなぁ?車

映画「容疑者 室井慎次」見てきました。

今日は時間が空いたのと、映画の日で、料金が千円に割引(水曜日もそうなんだけどね、女性は)なので、今、公開されている映画「容疑者 室井慎次」を見てきました。

映画「容疑者 室井慎次」

この映画で室井慎次という人間が好きになりました。ただ真面目で一本気の通った男だと

容疑者 室井慎次

容疑者 室井慎次
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。