日々是好日毎日御元気

ワタクシの身近に起こったさまざまなことを 面白おかしく(??)お届けしておりますです~~

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

失業しちゃったです

いきなりなんですが、8月30日づけでお勤めしていた会社が事業廃業して、私は自動的に失業してしまいました(汗)

かなり好きな仕事だったんだけどなぁ…それに結構高めのプライドもプロ意識もあったんですが、こればっかりはね…

今日ハローワークに行ってきましたが、それでもまだ実感がないです。実は。


前もってわかっていればいろんなことを、お客様にだって少しでも迷惑にならないようにする手を講じることもできたろうに。


聞かされたの廃業日の前の日だもんなぁ。



……もう一個メガネ作っておくんだったわーマジで。
  • [No Tag]

大して面白くない政治の話

どうなるんだと仮定の話が先行していた民主党の「小沢」代表出馬の話。今朝の新聞もテレビもその話で持ちきりで、いつどこで誰が何をして今こうなってるんだ、って言う説明を一生懸命しているんだけれど私にとってはそりゃどうでもいい話なんだな。

もともと政治は誰がやっても同じだ、と思ってたし自民党から民主党に変わって何か変わるかとき期待したけど結局なんにも変わらないし、つーかますます悪くなるし。
おかしいと思うのは検察審査会であんたは悪いことをやってるんだから罪を認めなさい、って指摘されてて、今後も訴追がある「予定」の人を何で自分たちの国を任せる代表に選ばなくちゃならないのかってのを政治のプロが認めないかってことですよね。

自分の会社の社長がそうだったら背任罪で起訴するぞってことだろうからなぁ。


民主党になったら1年未満で首相が3回も変わるの?ってのも恥ずかしいけど、それを許してるうちら国民もイカンのだよね。

民主党員じゃないと民主党の代表選挙に投票できない=国の代表である首相を決める「選挙」に参加できない 
っていうんならみんなで民主党員になってやろうじゃないか!とは私も思わないしなぁ・・・それにしてもこれだけ不満だらけになってるのにクーデターを起こさないのはやはり国民性って言われちゃうんだろうなぁと思うあたりですでにイカンわけで。

結局最初の「政治は誰がやっても同じ」と言う意識が根強いからだと思うのよね、これは自民党政権が長かった弊害ともいえるわ。



伊坂幸太郎の小説に出てくるようなカリスマ性をもった強いリーダーというのは、日本には生まれないのだろうか?
それを菅首相に求めてもなぁと思うけど、小沢さんじゃあ正反対だ。
政治支配を取り合うのは早いこと終わらせて、この不景気を何とかしてくれれば国民の支持はカンタンに得られるよ、うん。


一番難しいだろうけどね。
  • [No Tag]

臓器提供に思う

しばらく前に見た堤さんの映画が公開されている最中に、脳死判定と臓器移植のことが朝日新聞にずっと掲載されていてそれはついこの間まで続いていたんだけど、臓器を移植された側の話が前半で移植する側の話は後半に紹介されていたように記憶している。そこでの話を読むまでは「移植を希望する」=「誰かの死を待つ」、「移植に同意する」=「家族の死を受け入れる」のような印象があったのだけれど、移植される側の命と移植する側の命って対等というか50:50なわけで、それを「どう生かすか」というのに対して今生きている人がどう向き合うことが出来るか、と言うことなんだなぁと、なんだか以前よりも漠然とした印象になっちゃったようであれ?と思ってるんだけど。

フレキシブルと言うかね(笑)そのときになったら考えようよ、というかね。
これだからこれ、と言うイコールな印象じゃなくなったのね。

特に今の家族の同意があったら移植が出来るように法案が変わってからは、その「気分」がもっと強くなった。
なので娘たちには使っていいと思えるようなもんがあったら使ってよ、と言ってるけれど、やっぱり意思表示カードは持ってようかなぁと考えてる。
前は眼だけOKで持ってたんだけど。


臓器移植に反対の意見の人も、賛成の人も、それはどっちが正しいかと言う話じゃないんだもんね。
本人の意思表示がなくても臓器移植が出来る世の中になったから、移植手術をしないと命は長くならないと言う人は誰でも移植手術を受けなさいと言う話でもないし脳死状態になったらだれでも臓器移植に参加しなさいと言う話でもない。
制限がゆるくなったと言うことは考え方に自由さが加わったと考えられるけれど、この「自由さ」って本当は一番慎重で一番覚悟のいることなんだと思う。


生きていくのも大変だけど、死んでいくのはもっと大変、なんてことのない世の中になっていってもらいたいものだわ。
  • [No Tag]

今日はお誕生日でした~

さすがに40代後半1年生ともなると、あんまり嬉しくもないような気がする(笑)お誕生日。
いろいろと忙しくて、仕事では「キーッ」となるようなこともたくさんあって、むかつくこともありがちだったけど、でも今日1日のありようが今後の1年を決めるんだ!ってな考え方を持っているものだから出来るだけ温厚に、穏やかに、笑って過ごそうと心がけてました。

うーん、うまくいかないこともあったけどねー(わはは)


今の自分のモットーは「私は私」
この先1年のモットーはこれ。私が私であること、が基本中の基本で、それが一番大事なこと。
自分を大事に出来ない人間は人に優しくも大事にも出来ないですよ。出来てたとしたら、それはうわべだけの偽善だわー。だってそれが出来るってのも知ってるもん、自分がそうだったから。

誰かのために生きるとか、誰かの役に立ちたいとか、そう思えるのは大きく分けると2パターンあると思う。
ひとつは自分と言う生き方を全うしつくして、ほかにやることがなくなっちゃったとき。
もうひとつは自分を消し去りたくて、ほかの自分を作り上げたくなったとき。
前者はいいとして、後者は大なり小なり誰しも経験があることだと思うのよね。大していいこと出来てるわけでもないのに、いい母親でありたい出来る母親でありたいって外面よくしてると、それは自分の中では子供のためと思ってても、子供にはそこにある二面性に気づかれてたりして・・・・・
外がよくても家庭の中がごっちゃだったら何にもならないよってのは、よくある話だけど、よくある話で終わらせちゃいけないんだわ。

自分ってなに考えてるのってのを、まず考えてみる。
マイナスポイントの高い単語はこの際一切切り捨てる。
同じことを表現するにも、プラスの方向でどう表現するのかをいくつ思いつけるかってのにチャレンジする。
やってみると大変、自分に対していいことなんてなかなか思いつけないもの。でもやってみるとそれが外に対しても癖になってくる。


今年のモットー。
私は私ーーーーー!
で行きましょう~
  • [No Tag]

踊る大捜査線3を観てきました

ようやく、観にいってきました!「踊る大捜査線3」!!!

映画の感想は省きますが(だってそーじゃーん!オフレコっていうよか言わないほうがいいもん)いやー、やっぱり踊るは踊るだなぁと、思いました。

感想は省くと言いつつ、気になった点を何点か書いときますーだってー自分にとっての覚書きだもん。

・管理補佐官はあんなに権限もらっててもいいのか?
・つーか、長官とつながりあるっぽかったんで、上の回し者なのか?
・池神さんはなんだかんだ言っても室井さん贔屓なのなーーー
・ノーマルに考えてもあのセキュリティの穴だらけさはないなー
・つーか、あれで開くんなら最初からあんな風に強固に作るなよなー
・真○美さまはなんで拘束服を着せられないのかが不思議
・つーか、まず携帯の電波が入らないように電波を押さえるほうが先だと思う
・あの衆人環視状況は普通ないよなー
・なんで11年も同じポストにいられるのかが疑問・・・(それはでも考えないほうがいい)
・○知は守秘義務があるんじゃないのか?
・あれでは交渉になってないぞと宇佐木女史にいわれそうだ
・室井さん、最後なんていってたのかわかんない

まだまだすんごくたくさん「?」マークがあるんだけど、そりゃ踊る何でなんでもありなんだなーと思っておきます。
でも次回作がそう遠くないってのは、そのとおりなのかもですね。次のための複線なんだろうか、全然終わってないじゃん、と思うのがたくさんあったし、今までのキャラオールスターってのはいいけどそれでもあれはなんだか詰め込みすぎ。次にもっとちゃんと焦点当てるのか、スピンオフを作るのか、なんかしてほしいなぁ。

小栗旬くんは、あの人はいい人役よりもああいったちょっとダーク入ってる人のほうが似合うのねー
むっちゃかっこよかった。東京DOGSなんかよか全然よかった。これはぜひぜひスピンオフを作ってほしいわ!

全体的になんとなくバラバラの映像が重なり合ってひとつの空間を作り出してる気がして、うーんと、3つか4つの違うドラマが切り張りしてくっついてる感じ、かな?それも踊るのよさなんだろうけど、ベースの厚みが少ない感じってのは多分これから変わるための複線なのか、なーって思いましたです。

いやー、次いつ観にいこうかなー
  • [No Tag]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。